おすすめしたい介護職の通販【高齢者の方が食べる楽しみ】

記事リスト

独居高齢者と食事

お弁当

食事のあり方

「介護食」といってもいろいろな形態があります。主食のご飯ひとつとっても、水分を多めに炊いた軟飯、五分粥、三分粥、また全粥といったようにさまざまな形態があり、おかずでは、小さく切り分けただけのものから、すりつぶしたもの、ミキサーにかけたもの、ゼリー状のものなど、その人の嚥下状態にあわせた介護食があります。介護食ときくと、ひと昔前は、ドロドロのペースト状で形もなく、見た目もあまりいいものではなイメージがあったと思います。しかし、最近は介護食でも見た目や味も楽しめるように工夫されたものが多く出回るようになってきており、宅配サービスだけではなく、通販で手に入るようにもなってきています。ネット社会となった今、通販でも介護食が手に入るようになり買い物に行くことが困難な高齢者の方や、食事の用意ができない方、などには便利なサービスとなりました。しかし問題点として、高齢者にとってネット通販は決して簡単な作業ではないことや、毎食のこととなってくるので費用の面で折り合いがつかないことなどがあげられます。食べることは、日々の楽しみであり、豊かな人生を送ることにとても重要なことだと考えられます。病気になっても、高齢になってもいつまでも、おいしく、安全に食事を楽しむことが大切です。そのためにも、前述の問題点をクリアし、通販などの便利なサービスはどんどん取り入れられる環境を整えていくことが今後の課題となっていくと考えられます。